不動産集客に役立つ方法を知りましょう~ササッと人集め~

マンション

転勤中のマイホームを活用

一軒家

遊休資産を有効利用

サラリーマン等が転勤などによって生活拠点を遠方に移す時、課題となるのが留守宅の管理です。長期不在のまま放置しておくと家は傷みやすくなりますし、防犯上も心配です。かといっていずれ戻ってくることを考えれば、処分することもできません。このようなケースに対しては、勤務先が留守宅を借り上げ、住まいを必要としている他の社員に社宅として貸すというシステムが一部で採用されています。その一方で、近年ではこれを専門的にマネージメントする外部のサービス業者も登場しています。具体的には、その住まいを期間限定の賃貸住宅として活用するためのサービスを提供するというものです。こうした事業形態及びサービス内容を、リロケーションといいます。

メンテナンスも安心

リロケーションは2000年の法律改正により定期借家契約という新しい賃貸借契約の手法が生まれたことで、一気に普及するようになりました。従来の一般的な賃貸借契約においては、契約期間が満了しても入居者側に家賃滞納などの特殊な事情がない限り自動更新されることが原則となっていました。そのため、マイホームを貸してしまうと所有者自身が戻ってきた際に明け渡しがスムーズに行かないおそれがありました。しかし定期借家契約では更新をしない前提で入居契約を交わすことができるため、所有者は安心して留守宅を有効活用することができます。リロケーションサービス会社はこの制度を利用し、所有者と入居者の仲介や住戸の管理業務を手がけています。リロケーションは、所有者に対してメンテナンスと収益獲得という2つのメリットをもたらすシステムとなっています。